PowerMateのRAMパリティエラーで往復の運転12時間、復旧作業は12分

NC ファナック FANUC

やっぱり1日で12時間も運転すると、体中の筋肉がこわばってしまってなんとも言いようのない疲労感が残ります。
今までもそうでしたが、連休明けは機械のトラブルが多いもんです。
今回はFANUC PowerMateDが立ち上がらなくなってしまって復旧のために兵庫県まで出張でした。
911 DRAM PARITY なんて、マニュアルを見たらDRAMモジュールを交換してくれって書いてあるけど、そんな簡単にできるわけないでしょ。
どうも原因は、連休中の電源関連の工事かバックアップバッテリーの低下のような感じです。でもテスターでバッテリーの電圧計ったら、3Vあるんだけど???
負荷につなぐとダメなのか?
ま、いずれにしてもバックアップ用のフラッシュメモリーを持っていないお客さんだったので、私の手持ちのデータを入れるため(その前にRAMクリアもしなくっちゃ)に6時間かけて行きました。
現地でやることはわかってたので、まずはX+Oを押ながらの電源投入・・・でNCが起動してきたのであとはPMCの転送。
作業時間が12分というのは大げさですけど、6時間運転後の感覚としてはそんなもんです。実際、30分後には機械を動かしていたので。
しばらく稼働確認して、バッテリー交換するまで電源切らないようにお願いしての帰り、ちょうどいいタイミングで北陸道の徳光PAに到着。
日本海に沈む夕日を見ることができました。

徳光PAの夕日

ちょっと風が冷たかったですが、久々に見た夕日はまん丸じゃなく、ちょっとつぶれた形でした。

 

P.S.

もしあなたが、PMCラダーの設計、改造、デバッグ、
機械の調整運転などで困っているのなら、
手も頭もノウハウもこちらで借りることができます。

PMCラダー屋.COM
https://www.pmcladder.com/

コメントは利用できません