FANUC PMC を編集するには パート1

NC ファナック FANUC

編集カードFANUCのPMCラダーを編集するにはいくつかの方法がありますが、一つの方法として編集カードを利用する手があります。写真の編集カードはPower Mate i 用ですが、NC本体の電源をOFFにしてから本体部のカードスロットに差し込み、電源を投入します。
電源を入れたままカードを抜き差してもダメです。NCがおかしくなるのでやめましょう、必ず電源を切った状態で行います。
編集カードを挿して電源を投入すると、普通と同じように立ち上がりますがPMCのメニューから「編集」ができるようになります。
CRT/MDIもしくはLCD/MDI(またはタッチパネル式表示器)が無い場合は(そんなことはまず無いでしょうけど)小型のプロコンみたいな「DPL/MDI」を使う方法もありますが、これは別の機会に。
気をつけたいのは、ラダー編集中はPMCがストップするので設備は停止した状態でやることです。また、編集はRAM上のラダーを編集しているので、そのまま電源を切ってしまうと編集前のソフトが復元されてしまいます。
内蔵のF-ROMに書き込むことを忘れないようにします。
これはPMCパラメータ(キープリレー)の設定で、自動的に書き込むこともできますが、編集量が多いときは最後にまとめて書き込む方がいいでしょう。
パソコン上での編集と違うので、慣れるまではやりにくいかもしれません。

コメントは利用できません