2014
10.15

日本は台風のおかげで幸せ

その他

安田です。

 

台風による被害に遭われた皆様へ

心よりお見舞い申し上げます。

 

今年は台風が多いですね。

しかも日本列島の長い方向に

そのまま直撃・・・とか

動かずに大雨・・・とか。

まさに

天災です。

 

 

被害のひどい状況をお伝えするのは

テレビや新聞のニュースにまかせるとして

こんな時ではありますが、

今日はあえて台風のメリットについて

書いてみようと思います。

 

台風の特徴その1。

 

今さらではありますが、

台風は低気圧です。
低気圧と言うことは

気圧が低くて

そこに空気が流れ込む。

外から見れば、吸い込まれるような

感じです。

 

つまり、

台風とはビッグな掃除機です。
人間では制御できない

巨大な掃除機・・・

それが台風です。

 

台風の特徴その2。

 

猛烈に雨が降ります。

 

赤道付近の海から

大量の水分を含んだ空気を

わざわざ日本まで運んでくれます。

 

つまり、

きれいな水(・・・か、どうかは賛否両論あるでしょうが)を

日本へ運んで

一気に汚れを洗い流す

洗浄機みたいなもの。

 

さらに、飲み水として各地の水源へ

貴重な水を補給してくれる

給水車のようなものです。

 

台風一過

といわれるように、

台風が過ぎ去った後は

澄み渡る青空が広がります。

 

大陸からのPM2.5や

大気中の放射性物質も

台風が吸いこんで

遠くへ運んでしまうのではないかと

都合の良いように考えることも

できます。

 

もちろん、そうではなくて

余計なものを運んでくるのだと

考える人もいるでしょうし

実際、そうなのかもしれません。

 

しかし、自然界に起きる現象には

必ず二面性があります。

表と裏、陰と陽、プラスとマイナス のような。

 

人間から見れば

良いことばかりではなく

都合の悪いことも

必ずくっついてきます。

 

でも、

二面性があるからこそ

バランスが保たれる

のだと思いませんか?

 

時として大きな被害をもたらす台風ですが

水資源に恵まれて、

美しい環境に生活できるという、

台風は日本にとって

非常にありがたい存在だとも言えます。

 

韓国、中国へ旅行すればわかることですが

水は貴重品です。

それにほこりっぽいというか

砂っぽいというか、

そんな印象を受けます。

 

そう思うのは、私だけでしょうか?

 

 

今朝、夜明けの浜松は

それはすばらしい青空でした。

 

昨夜は台風19号でどうなるか心配でしたが、

今朝、こんな青空を見られるのは

とても幸せなことだと感じたんです。

 

猛烈な台風ではありましたが

今日は、あえて台風のメリットも

考えてみました。

 

悪いことには良いことが、

良いことには悪いことが

必ずくっついていますから。

 

 

PMCラダーの設計、改造、デバッグ、
機械の調整運転などで困ったときのために
覚えておいて損はありませんよ。

http://www.pmcladder.com/

コメントは利用できません