2015
03.04

PMC,PLCのコメント文字数チェック方法(関数使用版)

制御屋のためのエクセル活用法

こんにちは、安田です。

 

ほぼ定番作業となっている、

コメントの文字数チェックですが

これはすでにエクセル使って

やってる人が多いかと思います。

 

文字数オーバーでセルに色を付けたりとかもできて、

工夫する余地の多いところなので

このとおりやらなくても大丈夫ですね。

 

で、今回は関数を使ったバージョンで

行きたいと思います。

関数を使うメリットとしては、

エクセルのバージョン違いで

違う結果になりにくい。

つまり、同じ結果が得られる

ということです。

 

エクセルの機能で、特に2010以降とか

条件付き書式を使うと

セルに色をつけたり、

グラデーションかけたりできますが

私的には、よけいに面倒です。

 

セル内に条件をスッキリと書き込んだ方が

自分自身で納得できるからです。

 

条件付き書式を使うと、

どの範囲がどの条件で、

とか

さらに知らないうちに条件が二重になってたりとか

わけがわからなくなる・・・のは、私だけ?

 

・・・

 

エクセルの文字数を得るための関数は

2種類あって

LEN() と LENB() 

時と場合によって使い分けましょう。

 

画像は、LEN() と LENB() の違いを見るための

サンプルです。

 

「この長さなら大丈夫」と思っていたのに

いざPMCとかPLCに読み込んだり、

コピペすると

尻切れになったり、

文字数が長い~ なんてアラームがでることもありますね。

 

今使っているPMCまたはPLCには

何文字入れられるのか確認して、

でもって、チェックするための関数は

LEN() がいいのか、

LENB() がいいのか、

見極めるようにしたいです。

 

全角 1文字を、1文字 としてカウントするのか

2文字 としてカウントするかの違いです。

 

最近のPMC、PLCはメモリ容量も大きくなり

長文コメントも入るようになってきてますが

それでも限界はありますし、

コメントだって長けりゃ良いってもんでもないです。

 

エクセルの文字列演算は

かなり役に立ちます。

いろんな場面でつかえるので

PMCコメントが入らない~ と言う前に

チェックしておきたいものです。
P.S.

もしあなたが、PMCラダーの設計、改造、デバッグ、
機械の調整運転などで困っているのなら、
こちらから手も頭もノウハウも借りることができます。

PMCラダー屋.COM
https://www.pmcladder.com/

コメントは利用できません